はじまり月   

11月ははじまり月だ。

まず離乳食がはじまった。
3口目まではウマウマモグモグと順調。
なぜか、4口目からウェ~オェ~と言い出し、いかにもまずいという顔で吐き出す。
離乳食一向に進まず。
まあ、これから一生食べてゆかねばならぬゆえ、いまはまだそんなに食べんでいいかくらいの気持ちでやっている。
それにしても離乳食を作るのにおそろしく時間がかかる。……のは私だけだろうか?

次に人見知りと夜泣きがはじまった。
わたしとシロ子以外に抱っこされるとアーアーとこの世の終わりのように大泣き。
なので人が来てくれていても、私はちっとも楽できず、ずーと抱っこ。
まあ、それもなんだか可愛いのだけれど。
夜泣きはある日突然、びゃ~と泣いて起きるように。しかも頻繁に。
あっ便秘もはじまった。これは離乳食に関係あるらしいけど……。

そして、アプリオリの原稿、編集作業がはじまった。
正確にははじまって終わったのだけれども。
育児に占領されている脳みそで文章を書くのはなかなかハードな作業。
版下送ってからの解放感といったら、憑きものが落ちたみたいだ。

それから、羊毛の仕事がぼちぼちはじまった。
これが本業なのだけれど。
昼間、全然寝てくれない子を抱え、毛だらけになる作業には限界がある。
夜寝てから作業すると、睡眠時間が全くなくなる。
はて、どうしたものかとぼんやりした頭で考える。
しかし展示は迫っていてとにかく少しの時間を見つけては手を動かす動かす動かす。
そして晴れて納品完了!

文章にするとこれっぽっちの報告だけど
だぁ~と倒れるような毎日だった。
毎日、あれしてこれして……、しかし何もできていないようなアワアワした日々でも
10年くらいたったら、あのころは充実していたなぁと思えるだろうか……。
[PR]

by aprioribooklet | 2011-11-29 22:31 | 暮らしコト

<< 宮筋文化堂「冬の贈りもの展」 日々成長 >>