2010年 12月 21日 ( 1 )   

モリアオガエルのチョコタルト   

本を読むも集中力がいる。体力が落ちると集中力も落ちるのだな。
性格上いつも一気読みじゃないと気が済まないのだけれど
友人に借りた山岸凉子の『テレプシコーラ』第一部10巻を3日かけてぼちぼち読む。
マンガと侮ることなかれバレエ好きにはたまらないのだよこれが。
2000年から『ダ・ヴィンチ』に連載されていた(この前終了)のを読んではいたが
なんせ10年ほど前なんで初期のストーリーは忘却の彼方。
え~こんなに重い内容だったかしらん?と容赦ない展開にはじめて読むように心揺さぶられる。

さてさて
安静中ゆえほぼ家にいて本を読むか猫と遊ぶかの日々。
鬱々と人恋しくもなりまする。
そんな時
「ケーキをお持ちしますわ」とT嬢からメールをもらう。
d0176489_11101894.jpg











赤ずきんが着ているような真っ赤なフード付きのショートマントで現るT嬢。
うん 今日もラブリー。

包みを開けてシロ子が一言「モリアオガエルが産卵している!」
ほほう 生クリームの泡の中に何百のオタマジャクシがいるのか……
そういえば生息数が減っているのだよな~
と想像しつつも躊躇なくナイフを入れていただきました。
濃厚なチョコにナッツがぎっしりタルトはサクサク。

モリアオガエルは蝋燭になっていて
「火を点けると首が落ちるかもしれませんわ」
と鈴の音のような声で言い残しT嬢は帰ってゆきました。
[PR]

by aprioribooklet | 2010-12-21 12:55 | 暮らしコト